長期使用製品安全点検制度
SAFETY INSPECTION SYSTEM

制度の概要

消費者の保守が難しく、経年劣化による重大事故の発生の恐れが高いものについて、事故を未然に防止するため、点検等の保守を適切に支援する制度が設けられました。
この制度が施行されるに伴い、該当する特定保守製品をご購入のお客様に設計標準使用期間を表示して経年劣化リスクがあることをお知らせし、法定点検期間中に点検(有償)を実施する必要があります。 当社では、製品を使用されるお客様に点検通知を正確かつ迅速に行うため、お客様情報の登録および管理をいたします。
消費生活用製品安全法についての詳細は経済産業省のホームページをご覧ください。

特定保守製品

特定保守製品は以下の2種類が該当します。

1.石油給湯機(屋内式・屋外式)

灯油の消費量が70kW以下のもの。
熱交換容量50L以下のもの。

2.石油風呂釜(屋内式・屋外式)

灯油の消費量が39kW以下のもの。

特定保守製品ラベル

特定保守製品は製品の本体またはリモコンに特定保守製品ラベル(上図)表示があり、所有者票が機器に添付されています。

販売から点検実施の流れ

機器の販売および購入時のご注意

1.お客様への説明

販売店様は点検制度の内容や所有者票の返送について、
必ずお客様にご説明ください。
説明内容は所有者票に記載されています。(法定説明事項)

2.所有者登録(所有者の責務)

機器をご購入頂いたお客様は、機器に添付されている所有者票かインターネットで必ず所有者登録を行ってください。

インターネット登録はこちら
3.法定点検のご案内

製品の設計標準使用期間の約1年前にお客様に法定点検のご案内を通知いたします。

点検に関する詳しい内容はこちら
販売から点検実施の流れ
所有者登録情報の変更

引越しや機器の譲渡等で所有者登録情報に変更がありましたら、速やかに下記にご連絡ください。
ご連絡いただかない場合、法定点検やリコール等の製品安全に関するお知らせが正しく届かないことがあります。

0120-911-064 0120-911-064

受付時間(平日)9時~17時(土日祝日および弊社指定休日(年末年始・夏季)を除く)

アナウンスが流れますので、「1」を選択してください。

※携帯電話・PHS・公衆電話・IP電話からは0198-37-1177をご利用ください。

登録いただいたお客様情報は、消安法、個人情報保護法及び当社規定により適切な安全対策のもと管理し、法定点検、リコール等、製品安全に関するお知らせをする場合以外には使用いたしません。