エラーコード一覧表

石油暖房機(2007年〜2012年のゼータスイング)

  1. HOME
  2. お客様サポート
  3. エラーコード一覧表 石油暖房機(2007年〜2012年のゼータスイング)
機種名 FFR-56シリーズ FFR-70シリーズ UFH-70シリーズ
FFR-561シリーズ FFR-701シリーズ UFH-701シリーズ
FFR-562シリーズ FFR-702シリーズ UFH-702シリーズ
エラーコード 内容・原因 確認事項 処置
8888
[停電安全装置]
停電したとき。
電源プラグがコンセントから抜けたとき
  • 電源プラグを確認する。

通電後、再点火動作をしてください。

E11
運転中室温が高温になった。
  • (自動的に微少燃焼になります)

換気をして室温を下げる。
室温が下がると自動的に解除します。

E20
[過熱防止装置作動]
対流ガードにほこりがたまった。
燃焼中に停電があった。
  • 対流ガードにほこりがたまっていないか。
  • 対流ガードがカーテンなどにおおわれていないか。

対流ガードの掃除や障害物などの原因を取り除いたのち再点火操作をしてください。

E23
[対震自動消火装置]
地震のとき。
強い振動や衝撃があったとき
  • 本体の周辺や給気管・排気管の外れやゆるみ、油漏れなどの異常がない事を確認する。

確認したのち再点火操作をしてください。

E40
[排気管抜け検知装置]
排気筒接続部の外れ
排気管抜け検知リード線が外れたり断線したりしたとき
  • 給排気筒が外れていないか。
  • 排気管抜け検知リード線が外れていないか。

接続を確認したのち再点火操作をしてください。

E81
[循環水検知装置]
循環水が不足したとき
  • 循環水の水位を確認する。

補給後、再点火操作をしてください。

OIL
油切れ
定油面器に灯油がない。
  • 油タンクのバルブが閉じられていないか。
  • ゴム製送油管に空気だまりがないか。
  • 油タンクに灯油があるか。
  • 定油面器の安全装置が作動していないか。

給油したのちしばらく待ってから再点火操作をしてください。

E01
E03
[点火安全装置]
[燃料制御装置]
点火不良
途中で火が消えたとき
  • 定油面器に水がたまっていないか。

確認したのち再点火操作をしてください。

E24
[温水過熱防止装置]
水温が異常高温になったとき
  • 床パネルの敷設枚数が少ない。(3畳以上にする)
  • 床パネルの放熱がわるい。(ジュータン1枚にする)
  • 温水配管がつぶれていないか。

確認し原因を取り除く。
水温が下がると自動的に解除されます。

ECC
[不完全燃焼防止装置作動]
不完全燃焼になった排ガスが室内に漏れたとき。
  • 給排気筒トップの先端がふさがれていないか。

確認したのち再点火操作をしてください。

CCCC点滅
[連続不完全燃焼通知機能]
連続して不完全燃焼防止装置が作動したとき。
CCCC点灯
[再点火防止装置]
連続して不完全燃焼防止装置が作動したとき。

※ストーブの使用が出来ません。

お買い求めの販売店または最寄のサンポット支店・営業所にご連絡ください。

E07
擬似火炎
  • 使用を中止する

お買い求めの販売店または最寄のサンポット支店・営業所にご連絡ください。

E12
室温サーミスタ断線
E13
給気温サーミスタ短絡
E14
給気温サーミスタ断線
E31
気化器サーミスタ短絡
E32
気化器サーミスタ断線
E34
気化器温度低下(予熱時)
E51
E53
BM異常(燃焼時)
E61
水温センサー断線
E71
ダンパーモータロック
E90
操作基板ハーネス抜け検知

以上の方法で点検し、処置しても直らないときは、使用を中止してお買い求めの販売店または 最寄りのサンポット支店・営業所 にご連絡ください。

お客様サポート TOP