採用情報

若手社員紹介

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. 採用情報
  4. 若手社員紹介
  5. 技術部 電子制御課 佐々木 駿季

地元でモノづくりに携われる喜び

佐々木 駿季

技術部 電子制御課 平成26年度入社

花巻を盛り上げたい

サンポット製品に出会ったのは小学校の頃。冬になると教室に設置される煙突式ストーブにサンポットの赤いマークがついていたのが印象的で、外遊びで真っ赤になった手を、みんなでストーブの前で暖めていたのが懐かしいです。花巻で生まれ育ち、花巻の伝統芸能「幸田神楽」にも参加していることもあり、どうしてもこの地から離れたくないとの思いから、サンポットへの就職を希望しました。子供の頃から身近な存在だったサンポットのストーブを、今度は作る側にいるというのは不思議な感覚です。また、工業高等専門学校で勉強したことを、大好きな花巻で活かせていることもうれしく思います。

困難を乗り越えた達成感

仕事のメインは、製品を動かすためのストーブの制御基板開発とソフト開発。電源オンオフ、温度調節、タイマーやモード切り替えなどのストーブの動きは、主にコンピュータで自動制御されています。その自動制御がストーブ本体の動作とうまく連動するように、コンピュータに指示を与えるプログラミングを行っています。思い通りに表示や音声が出力されると楽しいのですが、うまくいかずに困ったり、悩んだり、苦しんだり、期限に焦ったり…。でも、それを乗り越えて解決する方法を見つけ出せたときは、言葉に出来ない充足感があります。プログラミングに関しては解決の道筋を立てられるようになりましたが、制御基板の回路に関してはまだまだ先輩に頼りがちなので、勉強を重ねる日々です。

使いやすさを目指して

石油ストーブといっても、製品によってさまざまな機能があります。例えば、部屋の温度に合わせて自動消火するエコ運転、1日の消費油量・電気がわかる機能、ワンタッチで微小運転モードに切り替わるなど、常に進化しています。私が今担当している製品も、機能が充実したタイプなのですが、せっかく機能があっても使ってもらえないのはとても残念。ですから、操作のしやすさを目指して、日々挑戦し続けています。幅広い世代の方に「使いやすい!」と言ってもらえるものづくりが、今一番の目標です。

【番外編】 休日の過ごし方

休日は、小学校の頃から続けているサッカーでリフレッシュ。一関の社会人リーグの試合に、高専時代からのチームメイトと出場するのも大切な時間です。

企業情報 TOP